いますぐ実践できる!お金を引き寄せる4つのヒント

いますぐ実践できる!お金を引き寄せる4つのヒント

お金が集まってきてくれたら…そんな夢のようなことを考えたことが誰しもあるのではないでしょうか。確かに夢のような話ではあるのですが、お金を引き寄せる人とお金が離れていってしまう人がいると感じる人もいるのではないでしょうか。お金との付き合い方を変える、つまり意識を変えることで、お金が貯まるように努力することについて今回はみていきましょう。

お金に対するネガティブな気持ちを排除しよう

日本人は清貧の文化ともいわれます。お金が好きだと言えば「お金にがめつい」と言われ、お金が欲しいと言えば「いやしい」と言われることが多いともいえます。

しかし、お金に対してそんなネガティブなイメージを持っているとお金が貯まりにくいともいえます。その場合には、お金に対するネガティブなイメージを取り除くことが大事です。

「お金にがめつい」と言われたくないために、お金に対する執着心がないように振舞ったり、お金のいざこざがイヤで飲み会で少し端数が出たときに「私が出しておくよ」と言ったり、人よりも多めにお金を負担したりする人もいると思います。

また、「ケチ」思われるのがイヤでクーポンを使えないとか、割引サービスを利用できないという人もいるのではないでしょうか。

別にそれ自体が悪いことではないのですが、そればかりしていると損ばかりします。そうしているうちに自分が多めに出さなくてはならないような気分になったり、クーポンを使う自分を他人はどう見ているのかが気になって使えなくなったりして、損ばかりする悪循環に陥っているともいえます。

お金が好き、お金が欲しい。そんな風に積極的に発言する必要はありませんが、お金にネガティブなイメージを持っている人ほど、誰がどう見ても損をするような事象に敏感に反応してしまい、あえて損をする道を行ってしまうということもあるでしょう。お金に対して持っているネガティブなイメージをまずは一旦捨ててみるというのはどうでしょうか。

目次へ戻る

お金を好きになること

ある金融機関で目にしたお金持ちの女性は、「お金を恋人のように扱いなさい」と言いました。彼女は、それ以上深いことは口にしませんでしたが、恋人のように扱うというのはつまりどういうことかと解釈してみると、意外と納得することが多かったのは事実です。

恋人がいなくても楽しい時間はありますが、恋人がいれば楽しい時間がもっと増えます。恋人のことを大切にすればするほど、恋人も自分のことを大切にしてくれます。恋人を手放したくないと思えばあの手この手を尽くしますし、恋人のためなら多少我慢しますよね。全部お金にも言えることだと思いませんか。

恋人にとって居心地がいい空間を作れば、恋人ももっと一緒にいてくれるようになります。お金のことを好きになって、お金のことを考える時間が増えればお金に対する意識も変わってきます。お金持ちとそうでない人との違いは、お金のことを考えている時間の長さともいえます。お金を大事にし、お金のことをたくさん考えることで、彼女はお金に大事にしてもらえたのではないでしょうか。

目次へ戻る

年収が上がるイメージを持とう

先ほどとは別のお金持ちの人の話です。

その人は若くして自分で会社を立ち上げ、成功した人でした。その人が口にしたのは「年収がどんどん上がっていき、やがてそれが年商になるイメージがずっと心の中にあった」という言葉です。

新卒で入った会社で専門的な知識やビジネススキルを身に付け、その会社でトップセールスになり、どんどん年収が上がるイメージがまず心の中にずっとあったというのです。

そして、それがやがて自分の立ち上げた会社の年商になるというのも、心の中にずっとあり、20代半ばでより具体的にそのイメージが見えてきたのだと言います。

それはつまり、その人自身がずっと自分で会社を立ち上げることをイメージしてスキルアップしたり、専門知識を身につけたり人脈を切り拓いたりしていたということではないでしょうか。

その努力がやがて自信に変わり、「年収」が「年商」になるイメージがあったのだと思います。

自分でやってみるとわかると思いますが、お金がどんどん増えていくイメージを具体的に思い描くのは結構難しいことです。どうしたらお金が増えるのか、つい我に返って考えてしまう人もいるでしょうし、そんなに稼げる自信がないという人も多いと思います。

しかし、それでは一歩踏み出せません。まずは心の中にイメージを作ること、それに向かってどうしていくのかを建設的に考えていくことがお金を引き寄せる第一歩かと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか。

目次へ戻る

「お金があったら」と考えるのをやめる

お金が増えるイメージが見えてきたのに、それを無駄にする発想があります。それは「お金があったら庭付きの豪邸に住みたいな」などという、「お金があったら」の発想です。この発想は本当に厄介で、「お金がある将来の自分」と無意識のうちに距離を置いてしまう魔法の言葉なのです。

夢はいつまで経っても夢。「お金があればなあ」と思っているうちは「お金がある」状態になることはありません。自然と「お金持ちになっている自分」をただの夢、憧れにしてしまうので、こういう発言は一旦やめてみましょう。

「お金があったらな」と言いそうになったら「私もお金を稼いで〇〇しよう」という言い方にしてみるのはどうでしょうか。これなら「お金持ちになっている自分」を、今の自分の延長線上に捉える言い方に変わる可能性も出てくるというものでしょう。

目次へ戻る

まとめ

お金を引き寄せるなんて、と思う人もいると思います。ただ、お金持ちの人たちには、お金に対してネガティブなイメージを持っている人は少ないでしょうし、お金の話題に積極的な人が多いと思っている人も多いのではないでしょうか。お金を引き寄せるにはどうしたらいいか、お金をふやすには何をしたらいいかと、あらためてお金に対する姿勢を変えてみるというのはいかがでしょうか。

5千円からはじめる資産形成。三菱UFJ国際投信の新サービス!mattoco(マットコ)。家計に負担のない範囲で始められます。つみたてNISAの対象も!

(Photo:三菱UFJ国際投信-stock.adobe.com)

関連記事

人気ランキング