貯金が苦手でもすぐ始められる、小銭貯金のコツと注意点

貯金が苦手でもすぐ始められる、小銭貯金のコツと注意点

計画的にコツコツとお金を貯められるのはとても良いことですが、貯金そのものが苦手、という人も多いのではないでしょうか。

そのような場合、まず「貯金の習慣」を身につけるために、手軽な小銭貯金から始めてみてはいかがでしょう
今日からでも実践できますし、貯金が楽しくなれば一石二鳥です。

そこで今回は、小銭貯金のコツと注意点について説明します。

小銭貯金の始め方

小銭貯金をしている人の具体的なやり方は様々ですが、まず、どの硬貨を貯めるのか決める段階から、少し工夫が必要です。

一日の終わりに財布の中の小銭を全部出して容器に入れる、100円玉と500円玉は財布に残し他を貯金箱に入れる、逆に100円玉と500円玉を貯金する、といった方法がありますが、大切なのは「無理なく始められる」「無理なく続けられる」ことです

小銭貯金のもう一つのメリットとしては、「財布の中がスッキリしてかさばらない」ことがあります
自分の財布のなかで増えがちな小銭から始めるのも一つの方法です。
100円玉も財布の中に増えがちですが、自販機などでの「ちょっとした買い物」の時に不便を感じてしまうかもしれません。
その場合は、思い切って500円玉貯蓄に挑戦するのも良いでしょう。

一番重要なのは、「負担に感じない金額から始める」ことです。

貯蓄とはいえ、日々財布から現金が出ていくので、あまり高い目標設定をしてしまうと、途中で嫌になってしまいます。
ですから、500円玉貯金をする場合でも、「1週間に何枚入れたから合格」というふうに、最初は楽な目標を立てましょう。
何事も、無理をすると長続きしないものです。

小銭を入れる容器は何でも良いのですが、100円、500円玉となってくると「簡単に取り出せないもの」にしなければなりません。
蓋を開けただけで出せる状態にしてしまうと、「今日の買い物のちょっと足しに」「ちょっと自販機に行く時だけ」という気持ちで、1枚2枚と取り出す癖がついてしまいます。
これでは、一向に貯まりません。

そして注意点としては、小銭は、貯まっていくとかなり重くなることです
下に挙げる硬貨の重さをみて、想像してみてください。

・500円玉 7.0g
・100円玉 4.8g
・50円玉 4.0g
・10円玉 4.5g
・5円玉  3.75g
・1円玉  1.0g

出所)日本銀行 「お金のひみつ

10円玉で1万円貯めると4.5キログラムになります。
のちに銀行に入金しにいくことを考えると、あまり大きすぎるものには貯めない方が良いかもしれません

目次へ戻る

小銭貯金のモチベーションアップ法

小銭貯金を続けるためには、まず、「毎日、必ず意識する」ことです。

帰宅してすぐに入れるのも良いですし、毎朝出かける前に小銭を入れる、という習慣でも良いでしょう。
いずれにせよ、日によって入れたり入れなかったりするのではなく、必ず毎日、決めた硬貨を全部貯金箱に入れましょう
しっかりと習慣にしていくためです。
続けていくうちに「財布が小銭でかさばっている状態が気に入らない」と感じるようになれば、じゅうぶん習慣になっていると言えるでしょう。

また、透明な容器を使うのがおすすめです
一番手軽なものとして、ペットボトルがあります。
上の方に小銭を入れる穴だけを開け、そこから硬貨を入れていくのです。

実は、一般的なペットボトルの飲み口は、1円玉と50円玉以外は通りません。
ペットボトルは比較的丈夫ですし、簡単に手に入りますし、「簡単に小銭を取り出せない」というしっかり者なのです。
また、貯まっていく様子が見えるのも、小銭貯金を楽しめる理由になります。
持ち運ぶ際に軽いのも利点です。

この場合も、いきなり2リットルのペットボトル、などと欲張らずに、500ミリリットルなどの小さなものから始めると良いでしょう。
なかなか貯まらないと、モチベーションが下がってしまいます。
硬貨ごとに別の容器に入れていく、という人もいます。

また、特に500円玉貯金の場合、慣れてくるとゲーム感覚で普段の買い物を楽しめるようになります。
お釣りに500円玉が入るように計算して支払い、自宅に帰って貯金箱に入れるのが楽しみになってきます。

目次へ戻る

小銭を銀行に入金する時の注意点

ある程度貯まったら、小銭貯金専用の口座に入金しましょう。
この場合、基本的には銀行や郵便局に持っていくことになりますが、いくつか注意が必要です。
金融機関の場合、窓口かATMで入金することになりますが、いずれも気をつけなければならない点があります。

まず、窓口に持っていく場合です。
店舗によっては事前に枚数や金額を計算しておかなければならない場合があります
また、硬貨の大量入金には手数料がかかるようになりました
金融機関のATMコーナーでも入金は可能ですが、1度に入金できる硬貨は金融機関によって50枚あるいは100枚までです。
数回に分けて入金することは可能ですが、あまり長時間居座って他の利用者の迷惑にならないように気をつけましょう。

また、ATMの場合は計算に少し時間がかかるうえ、あまりにも大量の硬貨を入金すると、ATMの中身がいっぱいなってしまい、それ以上入金できなくなってしまう場合もあります
一番無難なのは、少しずつ入金していくことです。

一気に運ぶと、重さも量も相当なものになってしまいますので、入金する過程も少しずつ楽しむのが良いでしょう。

目次へ戻る

まとめ

小銭貯金は、計画的な貯金が苦手な人でも、気軽に始められる方法です
続けていくうちに、目標が「さらに大きな貯蓄箱」になったり、具体的な金額になったりするとなお良いでしょう。
給料日には端数を小銭で貯金箱に入れる、など、少しずつ工夫を加えるのも方法のひとつです。

また、「つもり貯金」をしていくのもおすすめです。これも、身近なところから始められる方法です。
昼食を、外ではなく持参したもので済ませた場合は、「外食を我慢したのだから他のことに使おう」と考えるのではなく、「外食したつもり」で差額を貯金箱に入れます。
コーヒーを1杯我慢したら「飲んだつもり」で小銭を貯蓄金箱に。

貯金が苦手な人の場合、ひとつ我慢したぶんを、「我慢したから他のところで贅沢しよう」と考えてしまい、結局我慢したぶん以上の金額を使ってしまうということが多々あります。
こうした「ちょっとしたこと」も積み重ねや習慣化することでそれなりの金額になっていきます。
我慢しすぎない範囲で、ゲーム感覚で楽しみながら、お金が貯まっていくことの楽しさを感じられるようになったら、その他の方法での貯金にも興味が湧き、貯金に対する苦手意識もなくなっていくでしょう。

◯SNSアカウント
「mattoco Life」の記事配信を中心に、お金全般、投資信託、資産形成、つみたて投資に関する役立つ情報などを発信。
Twitter:mattoco(マットコ)
FaceBookアカウント:mattoco(三菱UFJ国際投信)

◯資産形成セミナーのおしらせ
三菱UFJ国際投信の社員が経験談を交えながら、資産形成の始め方やファンド選びのポイントなどをお伝えします。
日時:毎週水曜日19時~@有楽町
参加費:無料
お申込み・詳細はこちらのセミナーお申込みページをご覧ください。

5千円からはじめる資産形成。三菱UFJ国際投信の新サービス!mattoco(マットコ)。家計に負担のない範囲で始められます。つみたてNISAの対象も!

(Photo:三菱UFJ国際投信-stock.adobe.com)

関連記事

人気ランキング