手間をかけたくないことほど、「自動」がイチバン!

手間をかけたくないことほど、「自動」がイチバン!

資産形成の必要性は感じているけど、他に優先順位の高いものがいっぱいで…

何かとお金がかかることばかりだし、「将来にむけて、お金をふやすこともちゃんと考えなければ!」とは思っているけど、なかなかキッカケがなくて何も始められない。ひょっとしたら、あなたもこんなパターンになっていませんか?

大事なことだけど、あまり時間や手間をかけたくない−−。いったいどうすれば、お金をふやすことに関して、初めの一歩を踏み出せるのでしょうか?

目次へ戻る

公共料金や携帯電話の料金など、自動引き落としなら手間がかからない

ここで、毎月必ず支払っているお金のことを思い出してみてください。公共料金や携帯電話の料金などは自動引き落としにしていませんか。実際に、金融機関やコンビニまで出向いて支払うのは面倒ですが、預貯金口座からの自動引き落としにしておけば手間がかかりません。

実は、お金をふやすことも同じように「自動」にできるのです。毎月の公共料金や携帯電話の料金などと同じように、自動引き落としで投資信託を購入できるサービスを多くの金融機関が提供しています。このように、毎月コツコツと積み立てていく投資方法は、「つみたて投資」と呼ばれたりします。

たとえば月々5,000円ずつとか、自分の予算に合わせて引き落としの金額を決められますし、家計が苦しいときはお休みもできます。逆に、金額をもっとふやすこともでき、マイペースで無理なく続けられます。

今までと変わらない生活を送っているうちに、自動的にコツコツと投資が続けられているわけです。申し込んだ後はまったく手がかからないなら、気軽に始められそうですね。

目次へ戻る

月々の出費と違って、つみたて投資は将来に備えるためのもの

公共料金や携帯電話の料金はどんどん家計から出ていくばかりで、戻ってくることはありません。せいぜいポイントとかが貯まるぐらいで、基本的には出費ですから、どうやって節約するかを考えたほうがよさそうです。

でも、つみたて投資は違います。自動引き落としなら手間なく続けられますし、毎月の積み立てた金額は家計から出ていったままになるわけではありません。
いつか、まとまったお金が必要となるときに備えて運用が続けられていて、必要な日が来たら換金して引き出すことができます。

現に、つみたて投資をすでに始めている人もふえています。そして、ふだんの暮らしの中では、そのことをすっかり忘れているけど、たまに残高をチェックして、「もうこんな金額になっているか!」と驚いている人もいるようです。

たった一歩だけ前に踏み出してみるだけで、今までと変わらない日々を過ごしながら、将来への備えを始められます。手間の少ないつみたて投資で将来への備えを始めてみませんか。

(Photo:三菱UFJ国際投信-stock.adobe.com)

ライター

手間をかけたくないことほど、「自動」がイチバン!
mattoco Life編集部
幅広いジャンルのライターを抱える敏腕編集部。
議論しはじめたら止まらないため、日夜編集に追われていることもしばしば。

関連記事

人気ランキング