結婚費用を準備したい!総額いくらかかるの?

結婚費用を準備したい!総額いくらかかるの?

「結婚にはお金がかかるから、今から貯金をしておこう」と、結婚の予定がなくてもなんとなく貯金をしている......という方も、きっと少なくないはずです。
また、結婚を前提としたお付き合いを始めたお2人などは、「正式に結婚を決めるまでにたくさん貯蓄しよう!」と、今後のマネープランに興味津々かもしれません。

そこで今回は、結婚にかかる費用のくわしい内訳や、結婚準備費用として貯めたい具体的な金額などについてご紹介します!

結婚費用の内訳を総チェック。お金がかかるのは式や旅行だけじゃない!

結婚で多くの費用がかかるイベントといえば「挙式」「披露宴」「新婚旅行」が思い浮かぶはず。
でも、結婚費用はイベントにかかるお金だけではありません。ここでは、結婚費用のくわしい内訳をご紹介します!

1 結婚に欠かせないイベント「挙式」「披露宴」「新婚旅行」など...
自己負担総額 平均204.3万円

結婚するときに欠かせないイベントといえば「挙式」「披露宴」。そして、一生の思い出となる「新婚旅行」でしょう。それぞれにかかる費用をみていきます。

挙式・披露宴の全国平均は354.8万円、新婚旅行の全国平均は、60.8万円です。合計すると、415.6万円が「挙式」「披露宴」「新婚旅行」にかかる費用の全国平均といえます。

しかし、出席者の方からご祝儀をいただけるので、実際に負担すべき費用はそれを差し引いて考える必要があります。披露宴で預かるご祝儀の全国平均は230.7万円ほどですので、上記の415.6万円からご祝儀を引き、自己負担額は184.9万円が全国平均といえるでしょう。


出所)「ゼクシィ 結婚トレンド調査2017」を基に三菱UFJ国際投信作成


そのほか、高額にはなりませんが、結婚準備などにかかるさまざまなお金についてもチェックしておきましょう。

結婚式前のエステ
式に備え、数ヵ月かけてエステに通う花嫁さんも少なくありません。サロンでも「結婚式前のエステコース(ブライダルエステ)」が用意されていることが多いです。
そんなブライダルエステにかかる費用は、8.5万円が全国平均です。
式の2,3ヶ月前には、ブライダルエステに通うかどうか検討しておきたいですね。
新婚旅行土産
新婚旅行へ行けば、式や披露宴に来てくれたご親族やご友人に感謝の気持ちを込めてお土産を用意することもあるでしょう。お土産代の全国平均は、10.9万円となっています。

出所) 「ゼクシィ 結婚トレンド調査2017」調べ

上で挙げた、「挙式」「披露宴」「新婚旅行」とその前後にかかるエステやお土産代を合わせると、184.9万+8.5万+10.9万=204.3万円になります。

出所)各種情報を基に三菱UFJ国際投信作成

2 新居や新生活の準備費用...平均72.3万円
結婚したら実家や現在の1人住まいを出て、当面は賃貸住宅などで2人暮らしを始めることが多いでしょう。その新居の準備や、新生活に必要な家具・家電などの購入にかかる費用も用意しておきたいところです。
新生活準備のためにかかった費用の全国平均は、72.3万円となっています。

出所)「新生活準備調査2016」リクルートブライダル総研調べ

3 生活費の予備費...約100万円
また、万一に備えていくらかお金を残しておくようにしましょう。100万円ほど生活費の予備費として貯えを作っておくとさらに安心だと思います。

目次へ戻る

結局、1人あたりいくらぐらいを目標に貯めればいいの?

結婚費用は、両家の親御さんが一部援助してくれるケースもあるでしょう。でも、最初から援助を当てにして結婚の計画を立てるのは禁物です。結婚すれば新居で独立して生活することになりますし、「2人できちんと自立できる」ということを証明できれば、親御さんも安心するはずです。
2人が結婚費用を折半することを想定して、上記の①~③を2で割り、1人あたりが貯めたい金額を計算してみましょう。

1人あたり平均188万円」程度の貯蓄が必要であることが分かります。
しかし、結婚が迫っていてそれだけ貯められる期間を待てない方もいるでしょう。また、そこまでの費用を結婚にかける必要性を感じない方もいます。それに「貯めてはいるけれど、正直足りない」という方もいるかもしれません。 そこで次の項目では、費用を抑えながら思い出に残るウエディングをかなえるコツをご紹介します。

目次へ戻る

結婚式や披露宴の費用を抑えても、よい思い出を残すコツは?

「結婚は一生に1度のイベントなので、かかるお金は惜しみたくない」という方もいますが、逆に「ひととおりの礼儀と挨拶が果たせれば、かかるお金は最小限で十分」という方も一定数いるでしょう。ここでは、費用を抑えても「実のある結婚」をかなえるためのコツをご紹介します。

1

お金をかけずに「今どきの結婚式」!

レストランでの人前結婚式や、挙式さながらのシーンを記念撮影するのみの「フォトウエディング」など、シンプルなイベントで済ませる方法も一般化してきています。これらの式なら、大規模な式場でおこなう挙式や披露宴と比較すれば費用を抑えられます。

レストランウエディングの場合は一般的な式場よりは安く済みますし、フォトウエディングなら10万円未満が相場ですので格段に費用を抑えて思い出を残すことができます。
ただし、フォトウエディングを選択した場合にはご親族やお友達への挨拶を兼ねて、別途結婚祝賀会などをセッティングしておくのもよいかもしれません。

2

新婚旅行は国内で「安くラクに、でも楽しく」という選択肢も

新婚旅行といえば、ハワイやオーストラリア、ヨーロッパなど海外へ行くケースが主流です。しかし最近は、沖縄や北海道など国内の人気エリアを行き先にした新婚旅行も少しずつ増えています。

国内の旅はかかる費用が安く抑えられることに加えて言葉の問題がなく、食べ物や習慣の違いによるトラブルの心配もないことから、その「気楽さ」で再注目されているのだそう。面倒が少なく存分に旅を楽しめ、費用も格段に抑えられることで国内への新婚旅行が見直されているのですね。

目次へ戻る

結婚前は、まとまったお金を貯めておくチャンス!

結婚費用がどの程度必要か計算できたら、あとはどうお金を貯めるかです。
ご結婚に備えて、賢くお金を「預けて貯める」方法や「リスクを避けながら少しだけ増やす」といった方法を、今のうちから検討しておくのもおすすめです!

(Photo:三菱UFJ国際投信-stock.adobe.com)

ライター

結婚費用を準備したい!総額いくらかかるの?
mattoco Life編集部
幅広いジャンルのライターを抱える敏腕編集部。
議論しはじめたら止まらないため、日夜編集に追われていることもしばしば。

関連記事

人気ランキング